カーナビを取り付けて素敵なカーライフを送ろう!

カーナビを付けよう

カーナビ

カーナビを取り付けられる場所は、「インダッシュ」と「オンダッシュ」の2種類があります。インダッシュの「イン」というのは、「ダッシュボードの中に収める」という意味になります。スペースをほとんど取らず、車内に違和感なく装着できます。また、座っている人にとって良い目線にあるので、運転手首はもちろん、助手席や後部座席に乗っている人でも、楽に画面を見ることができるでしょう。対してオンダッシュは、文字通りダッシュボードの上方に付けるタイプのカーナビです。インダッシュよりもさらに見やすく、また、インダッシュよりもさらに見やすい位置にあるのが特徴です。他にも、ポータブルタイプのカーナビもあります。カーナビそれぞれの特徴を理解すれば、自分に相応しい良いカーナビが見つかるでしょう。

カーナビの取り付けは自分で行なうことも十分可能です。ただ知識や経験を持ち合わせていなかった場合、それなりの手間や時間を要してしまいます。少しでも早くカーナビを取り付けたいという方は、専門業者に車に依頼しましょう。希望したタイヤをそつ無く交換してくれるでしょう。ただ、「オプション」には注意しましょう。業者側は、少しでも売上を伸ばそうと、いろいろなアイテムや高級タイヤなどを勧めてくることがあります。そのようなときについついオプションを購入してしまうと、一気に合計料金が高くなってしまいます。工賃を予算内に抑えるためにも、オプションの存在には十分注意しましょう。

カーナビ取り付け

車内

カーナビを取り付ける際は、純正品と社外品のどちらにするのかしっかり考えましょう。それぞれに異なる特徴があるからです。カーナビ取り付けは、専門業者に依頼すれば出張して取り付け作業をしてくれます。

もっと見る

タイヤ交換は業者へ依頼

タイヤ

カー用品店は、タイヤ交換の作業も行なっています。タイヤ交換は1,000円前後で、そして廃タイヤ処理は250円くらいで依頼できます。自動車用のタイヤに、「スタッドレスタイヤ」というタイヤがあります。積雪道路や凍結道路でも難なく走行できる高性能のタイヤです。

もっと見る

万能性が高く便利

車

スタッドレスは、とても万能性に優れたタイヤです。雪が降った後の道路も、凍った状態の道路も、スタッドレスタイヤがあればしっかり走行できます。寿命はだいたい5年くらいとされています。

もっと見る